WordPress

アフリエイトブログの作成と運営を考える

初心者がサイトアフィリエイトを作りに挑戦。

サジェスト検索/関連キーワード検索 サイトアフィリエイトの集客は基本的に「お悩みキーワード」を使います。 ユーザーが悩んでいること(ニーズ)をサジェスト検索/関連キーワード検索などからリサーチして、その悩みをタイトルに含ませてターゲットユーザ…

目次 サイトを追加する方法 Amazonと連携する方法 商品リンクの作り方 商品リンクのコードを取得する コードをサイトに貼り付ける どこでもリンクの作り方 リンクをカスタマイズしたい時 「カエレバ」を使う プラグイン「Rinker」を使う サイトを追加する方…

WordPressプラグイン Moshipa

モシパは、もしもドロップシッピングが提供している商品を使って、ショッピングサイトを構築するためのWordPressプラグインです。 モシパを使えば、もしもドロップシッピングの商品IDを貼り付けるだけの簡単操作で商品ページを作成することができます。 バー…

大量の記事をCSVデータで一括管理

CSVデータから簡単に記事を生成できる、「Really Simple CSV Importer」というwordpressのプラグインのご紹介します。 準備 wordpressのプラグインの新規追加から、「Really Simple CSV Importer」と検索して追加、有効化すればokです。 そして、ツールのイ…

エクセルやCSVデータでブログ記事を保存

このプラグインはあまり更新されていないようで更新が2年前になっていますが、大丈夫です。全く問題なく使えます。 大量にデータがあるときに1件1件ちまちま入れていくのはとても大変です。そこでこのプラグインで一括でさくっと入れてしまいましょう!使い…

素人が「もしもドロップシッピング」を始める。奮闘記「ステップ 1」

ドロップシッピングで「何屋さん」にするかは、最初にじっくり検討する1番大切なこと。 好きな商品だけをランダムに展開するいわゆる「なんでも屋」は、ユーザーの検索にひっかかりにくく、大手のネットショッピングに埋もれて日の目を浴びることがありませ…

アイキャッチ画像について(もしも)「第10回」

利用するWordPressテーマが「Simplicity2」であれば商品CSVをインポートした時点で自動的にアイキャッチ画像が設定される。時々アイキャッチ画像が未登録の物を見かける。 CSVインポートが終わって時々サイトでの表示をチェックする。ノー・イメージだとやは…

登録済みの商品のエクスポート「第9回」

「WP CSV Exporter」プラグインを使用する ダッシュボード >> ツール >> CSVエクスポートを選択

カテゴリーの修正(もしも)「第8回」

ダッシュボード >> 投稿 >> カテゴリー を見てみると、名前とスラッグが同じ表示になってしまいます。最初だけちょっと面倒ですが修正します。次回からは同じカテゴリーは修正必要ない。Googleクローラ対策の関連でスラッグはURL に適した形式にします。 カ…

もしもドロップシッピング用 WordPress プラグイン「Moshimo api 9jp」

もしもドロップシッピングのAPIを利用した、WordPress のすごいプラグインが出ました。もちろん無料です。 記事のタイトルを書き、記事中に [ArticleDesc] と記述。そしてカスタムフィールドに、商品ID(例:310645)を入れます。

WordPRessに商品データをインポートする「第7回」

「Really Simple CSV Importer」プラグインを使う 「Plus Drop Shipping」にて書き出された商品のCSVデータ。

CSVデータのインポート「第6回」

商品一つ一つの値段・画像・商品説明を入力するなんて果てしない作業をやるなんて考えられないので、どうやって楽にできるかを調べたところ、出会ったのが『新もしも商品登録プラグイン』でした。 ahoudori.hateblo.jp windowsだったら秀丸エディタだったり…

カスタムフィールドを作る「第5回」

カスタムフィールド作成 ダッシュボード >> 投稿 >> 新規作成 で新規投稿を追加のの画面が表示されます。この時はカスタムフィールドは表示されていない。

関連商品をアイキャッチ画像付きで表示したいプラグイン

「Yet Another Related Posts Plugin」プラグイン このプラグインは”WordPress プラグインディレクトリ ”の中へ含まれていますのでインストールは簡単です。 WordPress管理ダッシュボードよりプラグイン>>新規追加 を選択

画像ウィジットを試してみる

画像付きリンクボタンとかタグを見なくとも簡単にできそうです。 1.画像ウィジェットを探す 利用できるウィジェットの一番下にありました。隣には音声ウィジェットも追加されてるようですが滅多に使わないので今回は置いておきます。他にも動画ウィジェット…

Auto Post Thumbnail…記事の中からアイキャッチ画像を自動設定

「Auto Post Thumbnail」プラグインの設定 設定らしいものはありませんが過去記事に対しての処理を行うだけになります。 ダッシュボード >> 設定 >> Auto Post Thumbnail を選択

WordPress ドロップシッピング「第4回」

絶対に入れてはいけないプラグイン。 ブログに記事を投稿した際にたくさんの人に見てもらいたいからと自動でSNSに投稿をお知らせするプラグインがあります。それらは絶対に入れてはいけません。503エラーでWebが表示できなくなってしまう可能性は大です。 絶…

WordPressテーマの選択インストール「第3回」

テーマは別に決まりはないので使いやすいのを選択する。 親テーマをインストール WordPress ダッシューボード >> 外観 >> テーマ >> 新規追加

WordPressのインストール「第2回」

WordPress設置の個数に空きがあるロリポップレンタルサーバーへ設置してみます。 ロリポップレンタルサーバー 1.左側のメニューより 簡単インストール >> WordPress を選択

WordPress ドロップシッピング「第1回」

ドロップシッピングって? ドロップシッピングという便利な方法があります。入会金も月会費も必要全く必要なしです。会員情報登録とお振込みされる銀行口座のみネットから登録するだけですべての機能を使えるようになります。 貴方のブログやホームページ、…

SSL化の手順 WordPress設定の変更

アドレスの頭が、http:// で始まっているものを、GoogleのブラウザChromeが自動的に『保護されていない通信』と表示しているものです。これを、保護されている通信(セキュリティが保たれている状態)にするには、『SSL化』という作業が必要です。 WordPress…

『Twenty Seventeen』テーマのカスタマイズ

Twenty Seventeen(トゥエンティ セブンティーン=2017)は、Wordpessが公式デフォルトテーマです。インストールしてすぐ目につくのが観葉植物の大きな写真です。 ヘッダーメディア 動画をアップロードしてもよいですし、Youtubeのアドレスを指定することも…

LinkSwitch(旧名オートMyLink)のワードプレスへの設定

バリューコマースさんが提供しているリンクスイッチ(LinkSwitch:旧名オートMyLink)。ワードプレスでの設定方法に加え、設定が完了しているかの確認方法を画像付きでご紹介します。

WordPressの簡単インストールでエラーがでる

ロリポップサーバーで、簡単インストール機能を使ってWordpressを入れようとしましたが、エラーになってしまいました。

WP Social Bookmarking Light 図解で設定。

WP Social Bookmarking Lightは下図のようなソーシャルボタンを手軽に導入することができるプラグインです。 多くの人にサイトのコンテンツを見てもらう上で、ソーシャルメディアによる拡散は欠かすことのできません。WP Social Bookmarking Light の設定方…

最新版 All in One SEO Pack 図解で設定 3/3

ソーシャルメディアの設定 まずは、ソーシャルメディア機能の有効化を行います。左メニューの「All in One SEO」メニューから「機能管理」を選び、「ソーシャルメディア」のリンクをクリックします。

最新版 All in One SEO Pack 図解で設定 2/3

XML サイトマップの設定 XMLサイトマップとは、Webサイト内にどのようなカテゴリやページがあるかを検索エンジンに伝えるためのものです。 XMLサイトマップ機能の有効化 左メニューの「All in One SEO」メニューから「機能管理」を選び、「XML サイトマップ…

最新版 All in One SEO Pack 図解で設定 1/3

WordPress を使うなら、初心者にとって必須のプラグインの一つが「All in One SEO Pack 」です。日々アップデートされ続けてますので、設定を見直してみては・・・・。設定画面が日本語化されていますので、安心です。

Google Analyticsへの登録と認証

Google Analyticsのアカウントを作成する必要があります。Google Analyticsへアクセスし、Googleアカウントでログインして「お申し込み」をクリックしましょう。

BING WEBマスターツールへの登録と認証

Bing Webマスターツールへアクセスし、Microsoftアカウントでログインします。(Microsoftアカウントをお持ちではない方はこちらをご確認ください。)