WordPress

アフリエイトブログの作成と運営を考える

Wordpressプラグイン「Bogo」で多言語サイトを・・・・Step1


元ある日本語記事にリンクした英語記事を作成する

 

pronama.azurewebsites.net

 

参考にして実践してみます。

Bogo を WordPress にインストールしてみました。言語ファイル(.mo ファイル)によって言語切り替えができます。日本語 WordPress を利用していると、英語・日本語の切り替えが自動で作られました。

 

bar

 

1、管理画面上部adminバーの「日本語」と書いているところから「英語」に切り替えます。

2、そのまま英語対応させたい投稿や固定ページの編集画面を開くと、下記のようなボタンが出現します。

 

WordPress プラグイン Bogo

インストールすると、管理バーで言語選択ができました。

選択すると管理画面の言語も変わります。選択している言語で、その言語の投稿や固定ページを作成することができるようです。

 

別言語の投稿作成

Bogo を利用している状態で投稿するとロケール情報が付きます。言語を切り替えて、日本語の投稿の編集画面を見ると「Add English translation」ボタンが付いていますので、ここから英語版の投稿を作成します。

 

f:id:yumeji773:20170508162508p:plain

これををクリックして・・・・、記事を書くと、リンクし合う英語ページができあがります・・・・。コピーされた内容を編集して、英語版を作成するようです。言語表示部分で日本語の投稿と関連付られてます。

 

WordPress プラグイン Bogo

 

スラッグ(hello 部分)は、変えた方がいいです。

投稿一覧で、ロケールの表示や、対応する別の言語の投稿作成もできるようです。

 

WordPress プラグイン Bogo


言語切り替えの UI を追加もできます。

ショートコード [bogo] を利用すると、記事中に言語切り替えを表示できます。また、言語切り替えのウィジェットも用意されています。

 

bogo6


各言語の URL

各言語の投稿や固定ページは、http://example.jp/en/hello や、http://example.jp/ja/hello-2 のようになってました。

Bogo の詳しい説明ないのですが、WordPress の既定の言語(wp-config.php の define(‘WPLANG’, ‘ja’))での表示は、多言語化する前の URL でアクセスできます。

逆に、既定の言語でない場合は、言語指定のある URL にリダイレクトされるようです。

このあたりの処理がうまく動作しないで、これまでの記事がリダイレクトされると困るのですが・・・・。アーカイブ表示なども一言語のみ表示できます。


言語による表示切り替え

Bogo の説明にはありませんが、表示されている投稿・固定ページの言語によって、メニューやウィジェットの表示・非表示選択ができます。

 

bogo7


メニューやウィジェットの訳語が作れないのは面倒ですが、各言語のメニューやウィジェットを用意し、この表示切り替えである程度サイト全体の多言語化表示は対応できそうです。