WordPress

アフリエイトブログの作成と運営を考える

アドセンス広告の効果的な設置法 (2017年版)


広告の設置でより効果的な「広告ユニットの作成方法」から「配置法」について、紹介します。

 

1、最初に「どこに」「どんな」広告を貼るか、決めます。広告ユニットには、以下の6種類があります。

 

また設置する場所ごとに、より収益化しやすい「最適なサイズ」があります。そのため、まずは「どこに」広告を載せるかを決めます。

1-1、 効果的な配置

現在、もっとも効果的と言われる配置位置が、以下4ヶ所です。

収益の出やすい4ヶ所 
  1.  記事上
  2.  記事中
  3.  記事下
  4.  サイドバー
1-1-1、記事上

記事タイトルの上、もしくはアイキャッチ画像の下(フォローボタンの近く)に配置します。これは、記事にアクセスした人が、真っ先に目に入る位置なので、効果的です。

広告ユニットは、「ビッグバナー」と呼ばれる横長サイズ(728×90)が、オススメです。

 

欠点:これから記事を読もうとしている方に、「邪魔だなぁ」「見づらいなぁ」と思わないように、注意が必要。

1-1-2、記事中

記事内の折り返し地点や、区切りの良い所(2個目の見出し上など)に配置します。これは、記事を読んでくれた方に、確実に見てもらえる位置なので、効果的です。

広告ユニットは、レクタングル (大)」と呼ばれる大きめの四角型(336 x 280)か、「ビッグバナー」と呼ばれる横長サイズ(728×90)が、オススメです。

 

欠点:記事をスクロールする流れで、興味を持ってもらえる良い位置ですが、反面、記事の読みやすさを損ねます。記事中の広告には、特に嫌悪感を持つ方が多いので、挿入位置に、注意が必要です。

1-1-3、記事下

記事本文の下(フォローボタンの近く)に配置します。これは、記事を読んでくれた方が、最後に目にする位置なので、特に関連広告をクリックしやすく、一番効果的とされています。

広告ユニットは、レクタングル (大)」と呼ばれる大きめの四角型(336 x 280)が、オススメです。このサイズが一番クリックされやすいと、言われています。そのため、このサイズを2つ並べると、より効果的です。

1-1-4、サイドバー

サイドバーに、ウィジェットの1つとして配置します。これは、どの記事を読んでいても、常に表示されているエリアなので、目に入る機会が多く、効果的です。

 

特に、サイドバーの一番上に配置すれば、「記事上」と同様、アクセスした人が、真っ先に目に入る位置なので、さらに効果的です。広告ユニットは、「ラージ スカイスクレイパーと呼ばれる縦長型(300 x 600)が、オススメです。

 

※設置する前に、「広告を設置できる数」や「やってはいけない広告の貼り方」があります。

 

2、 広告ユニットの作り方

2-1、アドセンスページにログイン

格通知メール or コチラ(↓)のボタンから、「Google AdSense ページ」にアクセスし、登録したアカウントでログインします。

 

 

2-2、広告ユニットの作成

 

 

「広告の設定」から「新しい広告ユニット」を押します。

 

① 「名前」を入力(配置場所がわかるように)
② 「広告サイズ」を選ぶ
③ 「広告タイプ」を「テキスト広告とディスプレイ広告」にする

 

※なぜ「配置場所がわかる」名前にする? これは、広告ユニットを「配置場所ごとに、1つずつ」作成するからです。「同じサイズのものを、いくつも作る必要ある?」と思うかもしれませんが、実は広告を設置すると、作成した広告ユニットごとに、統計情報をレポートしてくれます。つまり、ユニットを分けておくと「どこに配置した広告が、一番収益をあげているか」が、一目でわかるのです。逆に、まったく効果のないユニットもわかるので、改善にもつなげやすいです。少し面倒ですが、配置場所がわかりやすい名前で、設置する数の分だけ、ユニットをつくりましょう。

 

あとは、そのままでOK。「テキスト広告のスタイル」は、色も変えられます。

 

 

2-3、「保存してコードを取得」を押す

下図のような画面が出ます。「広告コード」内をクリックすると、全選択されるので、コードをコピーします。

 

3.広告の設置

 

 

3-1、サイドバーやフッター内に配置する方法

 自分のブログのダッシュボードに移動し、「外観」から「ウィジェット」を押します。

設置したい場所に「テキスト」ウィジェットを追加し、先ほどコピーしたコードを貼り付けます。

 3-2、 記事上、記事中、記事下に配置します。

WordPressAdSense プラグインのサポート終了しましたので、ちょっとカスタマイズします。

※公式ではQuickStartを使う方法とカスタム AdSense 広告を使う方法が書かれています。

 

aft.youg.site