WordPress

アフリエイトブログの作成と運営を考える

WordPressのプラグイン「AmazonJS」

スポンサーリンク

WordPressでサイトを運営していたら、アマゾンアソシエイトのリンク設置にも挑戦してみましょう。WordPressプラグイン「AmazonJS」を使えば、アマゾンで取り扱いがある商品を簡単に紹介できます。

「AmazonJS」は初期設定がちょっと複雑で大変ですが、一度設定してしまえばとても便利なプラグインです。AmazonJSの設定方法と使い方を紹介します。

 下記サイトよりダウンロードできます。

 公式プラグインディレクトリ「AmazonJS」

ja.wordpress.org

AmazonJS のインストール

1、WordPressの管理画面左メニューのプラグインの中にある新規追加をクリックし、画面右上の検索窓に「AmazonJS」と入力します。

 

 amazonjs2

 

2、上図のようにAmazon JSが表示されますので、「今すぐインストール」を選択し、そのまま「有効化」します。

3、以上でAmazonJSのインストールは完了です。

 

※AmazonJSをインストールすると、あなたのサーバー環境によっては「警告!キャッシュディレクトリが存在しません。書き込み可能なディレクトリを作成してください。」と警告されることがありますので、その際は指示通り /wp-content/cache/amazonjsディレクトリを作成してください。

このamazonjsディレクトリは、フォルダのパーミッションを777(読み書き実行すべてできる許可の設定)にしてください。

 

AmazonJS の設定方法

1、WordPressの管理画面左メニューの設定の中に「AmazonJS」があるのでクリックします。

2、下図のような画面が表示されますので、赤枠部分を入力して、最後に「変更を保存」をクリックします。

 

amazonjs3

 

Product Advertising APIの設定

Amazonjsの「アクセスキー」「シークレットアクセスキー」を入力します。

※Amazonjsのアクセスキーとシークレットアクセスキーを取得するには、Amazon Product Advertising APIのアカウントが必要になります。

 ※アソシエイトのページのツール⇒Amazon Product Advertising APIで確認できます。

アソシエイトタグの設定

Amazon.co.jpのアソシエイトタグを入力します。

(アソシエイトタグとはAmazon アソシエイトのアカウントIDのことです) 

※アマゾンアソシエイトタグを取得するには、Amazonアソシエイトのアカウントが必要になります。

※これら設定自体は簡単なのですが、Amazon Product Advertising APIのアカウントとAmazonアソシエイトのアカウントが必要なので、まだアカウントがない人はちょっと手間がかかります。

 

AmazonJS の使い方

AmazonJSの使い方はとても簡単です。WordPressの管理画面左メニューの投稿から新規追加、もしくは編集中の記事ページを開きます。

 

下図のように、編集画面のページの「メディアを追加」の隣に「amazonマーク」が追加されます。

 

f:id:yumeji773:20170901202701p:plain

 

1、Amazonマークをクリックすると、アマゾン商品の検索ができます。

 

amazonjs5

 

2、キーワード入力欄に「商品名」と入力すると候補が表示されます。

 

f:id:yumeji773:20170901203121p:plain

 

3、「選択」をクリックします。

 

f:id:yumeji773:20170901203450p:plain

 

4、そのまま「挿入」をクリックします。

※テンプレートの選択は6パターンから選べますが、基本的にデフォルトを選択することをおすすめします。