読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WordPress

アフリエイトブログの作成と運営を考える

ワードプレスの記事の基本的な書き方

1、記事を書く

ワードプレスには2種類のエディタが用意されています。文字の色や大きさを変えたい時はビジュアルエディタがオススメです。

 

01

 

(1)ビジュアルエディタを選択します。
(2)ツールバー切り替えボタンを押すと、文字の色や大きさを変えるボタンが表示されます。

2、カテゴリーについて

複数のカテゴリを設定することができます。親カテゴリの下に子カテゴリを作るという階層化もできます。

 

01

 

(1)カテゴリー一覧が表示されます。
(2)カテゴリー名を変更、追加、削除する時は、メニューの「投稿 > カテゴリー」から管理します。

3、アイキャッチ画像を設定する

使用中のテーマによって、アイキャッチ画像がどのように表示されるか変わりますが、基本的に、記事一覧に画像を表示させたいときに使います。

 

01

 

横幅が1000以上の画像だと、綺麗です。ただし、画像が大きすぎると、アップロードできないなどありますので、サイズは2MB以下、横幅も最大2000までの画像にしましょう。

 

ワードプレスのサイドバー(ウィジェットの設定)STEP03

サイドバーを変更しましょう。

 

01

 

メニューの「外観 > ウィジェットをクリックします。

 

01

 

「利用できるウィジェット」から、表示させたいものを、赤枠内にドラッグアンドドロップします。

表示させたくないものは、ドラッグアンドドロップで枠から外に出します。

※順序の入れ替えは、保存ボタンなどを押す必要がありません。即座にブログに反映されます。

 

01

 

※テキストウィジェットを使えば、バナーを設置することもできます。(htmlのタグの知識が必要です。)

この内容をブログに反映させるには、「保存」ボタンを押す必要があります。

 

ワードプレスのテーマの設定 STEP02

1、テーマを設定しましょう

  メニューの「外観 > テーマ」をクリックします。

テーマ「Twenty seventeen」を選択し、「今すぐインストール」ボタンを押します。

 

f:id:yumeji773:20170426223202p:plain

 

「有効化」をクリックします。

 

01

 

2、SEOに効くタイトルとキャッチフレーズの設定

「タイトル」と「キャッチフレーズ」を設定しましょう。

 

 

バランスよくキーワードを配置した意味の伝わる文章をぜひ、考えてみてください。

3、固定ページを作成する

「会社概要」「メニュー」「お問い合わせ」など必要なページを作りましょう。

 

f:id:yumeji773:20170426231915p:plain

4、投稿のカテゴリを作成

ブログを書く前に、必要なカテゴリを作成します。

なければ「カテゴリ01」「カテゴリ02」と仮に作ってください。

 

f:id:yumeji773:20170426232215p:plain

 

カテゴリは後から増やすことも減らすこともできます。必ず必要なものだけ先に作ります。

5、記事を書く

完成時の雰囲気を見るために、各カテゴリごとにダミー記事を書きます。タイトルとアイキャッチ画像を設定しましょう。本文は「テストテストテスト」でOKです。

 

f:id:yumeji773:20170426225935p:plain

6、メニューを作ります

なんでも良いので、メニュー名をつけて「メニューを作成」ボタンを押します。

 

 

メニューに入れたいものにチェックを入れて、「メニューに追加」ボタンを押します。

 

 

「固定ページ」以外に「カテゴリ」も入れられます。(記事を書いてからでないと、カテゴリが表示されないので、注意。)

 

 

順番はドラッグ&ドロップで変更します。

最後に、「トップメニュー」にチェックを入れて、「メニューを保存」ボタンを押します。

 

7、ヘッダー画像を設定する

8、サイドバーを設定する

必要なものを「利用できるウィジェット」から選び、「サイドバー」に追加します。フッターにも情報を入れたい時には、「フッター1」「フッター2」も使います。

 

 

いらないものは削除します。

 

9、お問い合わせフォームをつける

rindouwebdesign.com

以上で完成です。

ワードプレスを使ったホームページ STEP01

レンタルサーバードメインの二つを揃えて、ホームページを作りたいと思います。

ワードプレスのインストールが完了してからの備忘録になります。

ワードプレスをインストールすると、自動的にホームページが公開されますが、サイトは、サンプルページしかありません。ページを作ったり、ブログを書いて、ホームページを完成させていきます。

1、基本設定

タイトルサイトの説明文を変えます。

 

f:id:yumeji773:20170426215217p:plain

 

メニューの「外観 > 一般設定」をクリックします。

 

01

 

(1)タイトルを入れます。

「」など。地域名や

職種、屋号などキーワードを入れるとSEO的に良いです。

 

(2)サイトの簡単な説明文を入れます。

「」

最後に、ページの下の方にある「変更を保存」ボタンを押します。

2、URLの形式を設定しましょう

URLは半角英数字にしたいので、設定を変えます。

 

01

 

メニューの「設定 > パーマリンク設定」をクリックします。

 

01

 

「数字ベース」を選択し、ページの下の方にある「設定を保存」ボタンを押してください。

※「sample-post」が入っているものは、URLに日本語が適用されます。

「基本」を選ぶと、記事のURLに日本語は入りませんが、「固定ページ」のURLをhttps://rindouwebdesign.com/contactのようにしたい、という時に困るので、「数字ベース」にします。

3、サンプル記事を削除します。

「投稿」、「固定ページ」にそれぞれ、一つずつサンプル記事が入っています。

 

01

 

メニューの「投稿 > 投稿一覧」をクリックします。

 

01

 

Hello World!」という記事が出来ています。記事のタイトルのあたりでマウスカーソルを動かすと、「編集 | クイック編集 | ゴミ箱へ移動 | 表示」という表示が出ますので、「ゴミ箱へ移動」で削除します。

4、「固定ページ」のサンプルページを削除します。

01

 

メニューの「固定ページ > 固定ページ一覧」をクリックします。

あとは投稿を削除したのと同じ方法で削除します。

準備が出来ましたので、次回より記事を書き始めましょう。

 

Google Analytics for WordPressプラグイン

Google Analytics for WordPressプラグインはブログにGoogle Analyticsを導入するために必要なトラッキングコードを設定してくれるプラグインです。直接コードをテンプレートファイルに記述することもできますがテーマを変更した時などに都度設定が必要です。プラグインを使用することでトラッキングコードの入れ忘れの防止にもなります。

 

Google Analytics for WordPressプラグインのインストール

Google Analytics for WordPressプラグインをインストールにするには「プラグインのインストールと有効化プラグインのインストールと有効化」を参考に「プラグインのインストール」画面を表示し検索ボックスで「Google Analytics for WordPress」と検索されて下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405103009p:plain

 

Google Analytics for WordPressプラグインが表示されましたら「いますぐインストール」と書かれたリンクをクリックしてインストールして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405103046p:plain

 

インストールが完了します。

 

f:id:yumeji773:20170405103135p:plain

 

インストールが終わりましたらプラグインの有効化を行って下さい。利用するための準備はこれで完了です。

 

f:id:yumeji773:20170405103257p:plain

 

Analyticsのプロパティを設定

プラグインの設定を行う前に、Google Analyticsの方で対象となるブログ用のプロパティを追加しておいて下さい。Analyticsアカウントを作成しプロパティとして対象のブログやWebサイトを追加しトラッキングコードを取得する方法は「」を参照ください。

 

f:id:yumeji773:20170405103704p:plain

 

プラグインの設定を行います。管理画面の「アナリティクス」メニューの中にある「設定」メニューをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405103806p:plain

 

Google Analytics by Yoast: 設定」画面が表示されます。

 

f:id:yumeji773:20170405103833p:plain

 

「Authenticate with your Google account」をクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405103934p:plain

 

Googleアカウントのログイン画面が表示されます。Analyticsで使用しているGoogleアカウントのユーザー名(メールアドレス)とパスワードを順に入力してログインして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405104030p:plain

 

Googla Analyticsのデータ表示への権限の許可を求められます。許可してよろしければ「許可」をクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405104107p:plain

 

表示されたコードをコピーしてください。

 

f:id:yumeji773:20170405104143p:plain

 

元の画面に戻るとコードを入力するためのテキストボックスが表示されています。先ほどコピーしたコードを入力し、その後で「認証コードを保存」をクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405104247p:plain

 

Googleアカウントの認証が終わると次のような画面表示となります。

 

f:id:yumeji773:20170405104315p:plain

 

続いて使用するAnalyticsのプロフィールを選択します。「プロフィールを選択」をクリックし、Analyticsで作成されたプロパティの中から今回使用するプロパティを選択して下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405104347p:plain

 

最後に画面左下に表示されている「変更を保存」をクリックして下さい。以上で設定は完了しAnalyticsでデータの収集が開始されます。

 

f:id:yumeji773:20170405104413p:plain

 

Analyticsのリアルタイムレポートを見てみると、ブログにアクセスがあった時にデータが収集されていることが確認できます。

 

f:id:yumeji773:20170405104524p:plain

 

ダッシュボードの表示

Analyticsにログインしてレポートを見なくてもWordPressの管理画面上である程度のレポートを閲覧することができます。データを閲覧するには管理画面の「アナリティクス」メニューの中にある「ダッシュボード」メニューをクリックして下さい。

 

f:id:yumeji773:20170405104647p:plain

 

ダッシュボード画面が表示されます。まだデータ収集を始めたばかりなのでデータはほとんど表示されませんが、下記のようにWordPressの管理画面上でも多少のAnalyticsのデータを閲覧することができます。

 

f:id:yumeji773:20170405104739p:plain

 

「レポート」タブをクリックすると「トラフィック元」「人気のページ」「国」などのレポートを見ることもできます。

 

f:id:yumeji773:20170405104816p:plain

 

Wordpressグーグルアドセンス広告を設置する step2

AdSense Managerを使用する

プラグイン⇒新規追加⇒AdSense Managerを検索し、インストールして有効化してください。

 

AdSense Managerでの設定

 

1、ワードプレスのダッシュボードを表示させる。

 

「投稿」⇒「Ad Units」を選択します。

f:id:yumeji773:20170401101723p:plain

 

2、下記の画面へ移動しますので、「Wordpressグーグルアドセンス広告を設置するStep1」で取得したアドセンス広告コードをコピーして枠内に広告コードを貼付けます。

 

f:id:yumeji773:20170401102356p:plain

例えば下図のような感じです。

注意:必ずコードの最初に「スポンサーリンク<br />」の一文追加を忘れないでください。

忘れると、グーグルアドセンス広告が停止されます。

 

f:id:yumeji773:20170401102633p:plain

 

3、「Import」を選択して必要事項を設定します。

 

Name : 好きな名前を英数字で入力 (Nameを「 co-1」としてみます)

Format : グーグルアドセンス広告のサイズ

Display Options : アドセンス広告の表示場所

全て「YES」としてください!

 

f:id:yumeji773:20170401103643p:plain

 

設定が完了したら、「Save Changes」を選択して、AdSense Managerの設定は完了です!

 

実際の記事内に張りつけてみます。

ワードプレスのダッシュボードから「投稿」⇒「新規追加」でアドセンス広告を追加したい記事を選びます。

 

文章内に「[ad#co-01]」を書き込みます。

 

f:id:yumeji773:20170401111818p:plain

プレビュー等で確認してみて・・・

 

f:id:yumeji773:20170401112004p:plain

こんな感じに表示されれば、完了です。

余談ですが、申請ブログは、30記事、1000文字以上を目安に・・・・

 

Youtubeのアドセンスをサイトでも使いたい!

1、Googleアドセンスのホームにログインして、右上の歯車のマークから「設定」を選択します。

f:id:yumeji773:20170401075922p:plain

 

2、続いて アクセスと認証 >> サイトの認証 の順で選択をして、「他のウェブサイトに広告を表示」の画面へ移動します。

 

3、ページの中に「広告掲載先のURL」の欄があります。その欄に、審査用サイトのURLを入力してください。(http://の部分は不要なので注意!)

f:id:yumeji773:20170401080458p:plain

4、「送信」をクリックします。

 

この画面に移動すれば、これで審査は開始されます。

 

f:id:yumeji773:20170401080719p:plain

 

あとは審査用のサイトに広告コードを貼り付けるだけです。

 

アドセンス広告コードの作り方は、下記サイトを参考にしてください

 

afuri8.hatenadiary.jp

 

 審査は早ければ2~3日、遅くても10日くらいで終了します。

 ・Googleからの審査完了メール

・貼り付けた審査用広告が有効化(空白→広告表示)される

どちらかで審査の終了を確認することができます。

 

※通らなかった場合にお知らせメールが届きますので、メールボックス(審査中のGoogleアカウントのメール)を確認しましょう。